ガーネットの選び方とは?

ロードライトの赤紫に注目してみましょう。
単なる濃い赤ではなく、紫の入ったその色はほかのガーネットとは明らかに違うものとして扱うべきでしょう。
赤紫というと同じ赤系統のルビーでは、あまり良しとされていませんが、ロードライトにおいてはそれが宝石となる条件になっています。
ほかに紫というとアメジストがありますが、アメジストはあくまでも紫で赤を含んではいません。
それぞれの宝石にはそれぞれの決まった色があり、いくら美しくてもその基準から外れると価値が下がってしまいます。
ロードライトはこの赤紫がどれだけ美しいかでその価値が決まる宝石と言えるでしょう。
宝石として扱われる品質を持ったロードライトはどれも同じ色しています。
ですから価値は石の良し悪しで決まるのではなく、大きさで決まることになりますから単純に財布と相談しての購入で構わないと思います。
もちろん色の薄いものやインクルージョンの多いロードライトもあります。
しかし、それらは宝石ではなくアクセサリーとして加工されます。
ガーネット効果