ミックスローンと諸経費の問題とは?

ミックスローンの諸経費は、2本の契約をしなくてはいけないので、ローンの契約である金銭消費貸借契約に貼付する収入印紙が二倍かかること、抵当権の設定登記も2本設定しなければならない場合があるので通常の1本の場合より費用が掛かるといえます。
しかし、本当にミックスローンが自分に一番合っていると思うならば、選択を避ける理由にはならないでしょう。
その諸経費が気になるくらいでしたら、変動金利を全額利用した場合のリスクや、変動金利や短期固定金利を含めたミックスローンの金利上昇の方を気にするべきでしょう。
しかし、借り入れする前にすべての住宅購入に必要な諸経費のすべてをシュミレーションをしておくことは当然必要でしょう。