レーザー脱毛器 注意点とは

家庭用のレーザー脱毛器を使う時には、いくつかの注意点があります。
家庭用のレーザー脱毛器は、肌にレーザーを照射して、毛根を破壊するシステムになっています。
レーザーは脱毛するのに非常に便利なものですが、取り扱いには注意が必要になります。
医療用のレーザー脱毛器ともなると、出力の調整は医師しかできません。
肌にレーザーを照射するのは看護婦でもOKですが、出力を加減するのはあくまで医師でなくてはいけないのです。
肌への負担を考慮しなくてはいけないからです。
それほど、レーザー脱毛器の取り扱いには気をつけなくてはいけなません。
家庭用のレーザー脱毛器は、医療用にくらべて、もちろん出力を落としてあります。
しかし、出力と落とした家庭用のレーザー脱毛器であっても、間違った使い方をすると、身体に悪影響をあたえることも考えられます。
家庭用のレーザー脱毛器を使うにあたって、一番の注意点はレーザーの照射部を見ないということです。
レーザー光は太陽光のように広がっていないため、目に当ててしまうとよりダメージが大きいのです。
家庭用のレーザー脱毛器の説明書にも、レーザー光を目に当てないようにという注意点が必ず書かれています。
しっかり守っていれば、むだ毛を処理するのになんの問題はありません。