フラット35はなぜ注目なの?

フラット35というローンは、今とても注目を集めている住宅ローンです。
ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点は35年という長い間、世の景気に左右されることなく、そんなフラット35の審査は、とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はまた、それに加えフラット35の審査特徴として住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、色々な面から審査されるそうです。
ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の銀行の住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えは誰でもメリットがある訳ではありません。
理由は、借り換えにも多少の金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えを検討する際はそういった諸費用も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをした場合、いくら得になるのか事前に調べると良いです。
住宅ローンを組もうと思ったら金利が気になるものです。
ローン金利はだいたい大きく分けて変動金利と固定金利という物があります。
どちらを選ぶかはその人次第で、銀行側から薦めなどはありません。
基本的に金利が高いのは固定金利、低いのは変動金利です。
また、金利をどちらにしたら審査が変わってくる。
と言った事などはなく、公平な立場で審査が行われます。
どちらの金利が良いか迷ってしまう時は、銀行から発表される金利の推移をチェックすると良いです。
住宅ローンを組むには、銀行や信用金庫などから審査を受ける必要があります。
住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査はとても厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
残念ながら審査が通らないと、住宅ローンは組めません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約の時は、銀行側に指示された書類をすべて揃える他実印や諸費用なども必要になります。
諸費用は借りる額によって金額が変わるので、事前に銀行側から指示がされます。
だいたい、安くても数十万〜数百万単位の現金が必要となるでしょう。